エルメスとは?

Home » エルメス » エルメスとは?
エルメス コメントはまだありません

エルメスは、素材のクオリティやデザイン性がとても高い、上品なラグジュアリーブランドです。身につけるだけで、存在感と高級感を併せ持つアイテムの一つになります。女性にとって永遠の憧れであるエルメスは、その歴史や特徴を知る程、さらなる製品の素晴らしさや愛着が湧いてくるブランドなのです。

エルメスの歴史
エルメスの原点、それは1837年にティエリー・エルメスがパリで創業した「高級馬具工房」。現在の華やかで高級な印象のバッグとはかけ離れたスタートでしたが、優れた馬具製作によって、ナポレオン3世やロシア皇帝などの顧客に愛され繁盛していきます。1892年には、はじめて馬鞍を収納するためのバッグ「サック・オータクロア」を製作。馬具製作の技術もしっかりと生かされたエルメス初のバッグで、バーキンの原型となったモデルです。
1900年に入ると、時代は自動車社会へと変わっていきました。ティエリーの孫エミール=モーリス・エルメス(3代目)は、いち早く馬車社会の終わりを予測して、馬具から鞄・財布・腕時計・衣料・スカーフ・香水などへと事業を転向。

出典:http://terms.naver.com/entry.nhn
ファスナー付きボリードバッグ

こうして現在のエルメスの基礎が築かれました。1920年には、ファスナーの特許を申請し、初めてバッグに使用。世界初ファスナー付きバッグ「ブガッティ(後にボリード)」を誕生させたのです。
1935年には、現在の「ケリー」の原型である「サック・ア・クロア」を発表。(サック・オータクロアや、サック・ア・クロアの「クロア」とはベルトのことで、バーキンやケリーに見られるベルト付きバッグのこと)。
こうした歴史が、不動の人気を誇る「バーキン」、「ケリー」の誕生へと繋がっていきました。

エルメスの商品の特徴について

出典:http://terms.naver.com/entry.nhn
エルメスバックのスティッチをする過程

エルメスの最大の特徴――それは、いつの時代に購入したバッグでも、現代の最新ファッションにぴったり調和する、洗練されたデザインと美しいシルエットでしょう。
一見シンプルな外観も、数々の卓越した技術の融合によってのみ生み出すことができる「最高級のシンプルな美」なのです。女性らしさを感じさせる優しく美しいラインと、バッグに上品な表情を持たせる最高級の素材、そして発色の美しさを楽しめる豊富なカラーバリエーション、エルメスにしかできない、最高峰のラグジュアリーバッグ。それだけに製品は高価ですが、厳選した最高級の素材を、職人の卓越した技術でひとつひとつ丁寧に仕上げられた、優れた耐久性を持つバッグです。

バーキン誕生秘話

エルメスのバッグには、発注者や最初の所有者の名前が付けられた製品が数多くあります。例えば「バーキン」という製品名も、イギリス人女性歌手ジェーン・バーキンにちなんで名付けられたものです。バーキンというバッグは、偶然の出会いから誕生しました。航空機内でジェーン・バーキンと偶然隣り合わせた、エルメス5代目社長のジャン=ルイ・デュマ=エルメスは、くたびれた籐製の籠バッグに無造作に物を詰め込むジェーン・バーキンに、ある申し出をします。「物を整理せずに入れられるバッグをプレゼントさせて欲しい」と。こうしてバーキンの原型となる、サック・オータクロアが誕生したのです。

ケリー誕生秘話

馬具メーカーであったエルメスが、サドルバッグを婦人用に改良して1935年に販売した「サック・ア・クロア」が、元々は「ケリー」の原型でした。そして1955年、この製品が一躍脚光を浴びる出来事が起こります。モナコ公妃グレース・ケリーが、パパラッチを避ける際に持っていた「サック・ア・クロア」で妊娠中の腹部を隠したのです。その写真が雑誌に掲載され、バッグへの注目度も一気に高まることとなりました。これを機にエルメスは、モナコ公国の許可のもと名称を「ケリーバッグ」へと変更したのです。

エルメスは長いときを経る中で取り扱う製品を新たな形に変え、より良いものへと変化させ続けてきました
高い技術と豊富な知識がギュッと詰まったラグジュアリーバッグ。いつの時代にも、セレブやスター、多くの女性に愛され続けてきた最高峰ブランドです。

参考http://www.sekaimon.com/contents/lp/women_column/brand/hermes.html

同族経営による才覚の継承
エルメスというブランドは、同族経営によって成り立っています。
創業者のティエリー・エルメスから5代目のジャン=ルイ・デュマまでエルメス一族によって経営が行われ、2006年からは、パトリック・トーマスが務めたが、またジャン・ルイ・デュマの甥にあたるアクセル・デュマがCEOを務めています。
移り変わりの激しいファッション業界において、一族によって経営を成り立たせることは非常に難しいですが、それをエルメスは160年以上も続けているのです。

馬具工房から始まったエルメスの歴史
馬具工房から始まったエルメスの歴史
(出典:http://www.maisonhermes.jp/) エルメスの始まりというのは、1837年にまで遡ります。
この時代というのはまだ自動車や鉄道というのが登場する前の時代でしたので、唯一の交通手段として馬が用いられていました。
当然今の車のようなステータスシンボルとなっていた馬車なので、車輪の数や馬の数、それを装飾するための馬具というのが珍重されるというのは想像に難しくありません。

そして創業者のティエリー・エルメスは、馬の鞍とハーネス職人として、この時代の中でパリのランパール通りに工房をかまえエルメスというブランドがスタートしたのです。
ルイ・ヴィトンの創業はこれより少し後の1854年でしたが、ヴィトンは馬車での移動時に使う旅行用トランクでの創業でした。

ティエリーの作る馬具は機能性も高く、とてもオシャレで「エルメスの鞍をつける馬は持ち主よりもお洒落だ」と揶揄されるほど人気を博していったのです。

ナポレオン3世の時代にはエルメスは皇帝御用達の馬具職人となり、また万国博覧会で出品した鞍が銀賞を獲得したということもあり、エルメスは最高峰の馬具を取り扱うブランドとして知名度を高めていきました。

こうした皇室、万国博覧会という権威に認められたことで最高峰のイメージや職人の高い技術力による品質の高さ、クラフトマンシップによる希少性といった現在のエルメスに近いイメージを刻んでいきます。

伝統を引き継ぎ、さらなる躍進の先に
伝統を引き継ぎ、さらなる躍進の先に
(出典:http://www.maisonhermes.jp/) 2代目のシャルル・エミール・エルメスの時代にはパリ万博において出品した鞍が金賞を獲得し、エルメスの名声、そしてその品質の高さを不動のものにします。
これはもうフランスだけではなく、ヨーロッパ中にその名声が響き渡り、各国の上流階級がエルメスの顧客リストに名を連ねることになっていきました。

そして現在のエルメス本店があるフォーブル・サントレノ24番地に場所を移し、製造、卸から小売まで行う現在のブランドとしての体をなしていきました。

しかし、全てが順風満帆にみえたエルメスですが、時代の流れ、科学の発達がエルメスを苦境に追い詰めていくのです。
それが自動車の登場です。
自動車というのは、ガソリンさえ入れておけばメンテナンス要らずで移動手段としてとても優れています。
こうした自動車の台頭によってエルメスだけではなく、馬具工房そのものが存亡の危機に貧してしまうのです。

思い切った大きな転換点
ファッションへの転換
(出典:http://www.maisonhermes.jp/) こうした新しい技術の台頭によって苦境に立たされるなか、もし馬具製造だけにこだわっていたら今のエルメスはなかったかもしれません。
しかし、3代目エミール・モーリス・エルメスは馬具製造で培ったエルメスのエスプリを残しながらも、大きくファション分野へとかじを切ったのです。

国外のいまだ馬具の需要があるロシアや南米、日本などの国へフランスの最高級の馬具を輸出する一方で、フランス国内ではファッション分野への進出を開始します。
現在ではエルメスの3本柱の一つとなっている革製品ですが、この時代にエルメスの最初のバッグである「サック・オータクロア」が発表された。
「あーバッグを作ったのね」と思われるかもしれませんが、馬具が主たる製だったエルメスがバッグを作ったというのは、パナソニックやソニーのような家電メーカーがいきなり家電技術の応用で飛行機を作ります。と宣言したようなものです。
それくらいのインパクトのある決断だったといえるのです。

ただ、ファッション業界への進出においても職人の高い技術による品質の高さや手作りによる希少性、そこから生み出される最高級のイメージは損なわないように、馬具特有の技術を使って丁寧なモノづくりを行い、オリジナリティ溢れるエルメススタイルを確立します。
こうして生み出されたバッグや財布、ベルトなどの革製品はコットン主体だった女性のファッション文化に革命をもたらしたのです。
実は現在当たり前に使わている「ファスナー」もエルメスが広めたもので、ファスターをエルメス式と呼ばれていた時代もありました。

次なる窮地を切り抜けた後、エルメスの第2の柱
メゾンドカレ
(出典:http://www.maisonhermes.jp/) エミールの時代は非常に順調にエルメスというブランドの現代の基礎を築いていきました。しかし、時代背景がまたもエルメスを襲います。
1929年の世界恐慌とその後に始まった第2次世界大戦です。
こんな窮地においてもエミールは、さらなる今では3本柱のひとつとなっているスカーフと香水という新しい分野に参入することで乗り切っていきます。
最高級というエルメスのイメージはそのままに手頃な価格で買うことの出来るスカーフや香水というのは不況を乗り切るためのマストアイテムだったのです。

現在、エルメスの顔となっているオレンジの包装紙ですが、これもこの時代に採用されたものです。
戦時中に使えずに余ったオレンジの紙を使ったところ、思わぬインパクトがあり、そのまま現在まで継続されています。

4代目のロベール・デュマ・エルメスの時代には、スカーフと香水という新規展開した分野を軌道に乗せるというところに軸足が置かれました。
たまたまリヨンの業者がシルクスクリーンプリントのスカーフ製造技術を売り込んできたのを機に、現在ノエルメスらしいスカーフが生まれましたし、同じシルク素材のネクタイにも発展していきました。 名作香水である「カレーシュ」もこの頃に誕生します。

参考http://high-brands.com/highbrand-brand.php?id=2&stid=7

LEAVE A COMMENT