グッチとは?

Home » グッチ » グッチとは?
グッチ コメントはまだありません

対で組み合わせた「GG」ダブルGのロゴ。このGGのロゴに気品を感じて、グッチに憧れる人も多いことでしょう。
製品のカラー使いにも、優雅な淡い優しさを感じ、最上の伝統を生かした最上の品質に魅了され、長く愛し続ける人が多いブランドです。

グッチの歴史

グッチの上品なブランドイメージは、創業者グッチオ・グッチがロンドンの高級ホテル、サボイ・ホテル勤務時代に、英国貴族達に接する中で身に着けたエレガントさにあります。
ホテルを辞めたグッチオは、1921年フィレンツェで旅行バッグや馬具などの高級皮革製品店を創業し、そこからグッチの歴史は始まります。そして、わずか2年後の1923年には2店舗目をオープンしました。

お馴染み「GG」ダブルGのモノグラムは、品質保証の証としてグッチオのイニシャルを商品に刻印したものです。グッチはこのとき、世界で初めてデザイナーの名入り商品を販売しました。
「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」のコンセプトが支持され、1938年にはさらに新たな店舗もオープン。

こうして好調に拡大していった事業も、第二次世界大戦を機に、苦しい時代を迎えることとなります。
戦時中、牛革は統制品となり使用が困難になりました。素材の調達に苦しむ中、グッチオが代替素材として考案したのは、コーティングを施したキャンバス地でした。
代替素材とはいえ、その高級感あふれる仕上がりと配色にはグッチオの洗練された生きた技術がうかがえ、これが思わぬ人気を呼ぶことになります。

また、「皮を使用しないバッグの持ち手」も考案し、代替素材として使用した竹が「バンブーバッグ」の始まりとなりました。1940年代後半にはロンドン、パリに、1950年代にはニューヨーク、ロサンゼルスへと店舗を展開していきます。

さらなる好機は、映画界の仕事をしていたグッチオの息子が、映画の小道具にグッチ製品を用いると、それがたちまち女性達の間で人気を博し、話題が話題を呼びました。エリザベス・テーラー、ジャクリーヌ・ケネディ、オードリー・ヘプバーンなど世界のセレブリティ達の御用達となったのです。 そんな中、数々の偉業を成し遂げたグッチオも1953年生涯の幕を下ろします。

グッチオの他界後、長い間血族間闘争が続きますが、1994年トム・フォードがクリエイティブディレクターに就任。以前のグッチ製品の要素を再構築し、世界中にグッチ・ブームを再燃させます。そして、グッチが日本に進出してきたのは1960年代のことでした。

1994年~2004年までクリエイティブ・ディレクターを務めたトム・フォード

出典:http://ameblo.jp/a2j-j2a/
グッチの特徴

グッチの製品は、財布、バッグ、時計、ネクタイ、サングラス、長靴と、幅広いアイテムが揃っています。
デザインもシンプルなものからパーティー向きのきらびやかなもの、普段使いのカジュアルなものまで、多種多彩な素材・色・型の展開に選ぶ楽しみも広がります。
シーズン毎に発表されるトレンドを取り入れた商品は、注目度も高く、根強い人気を集めています。

そして、人気が高いグッチのバッグには、定番のGGラインから、ダブルGのロゴが中央に大きくエンボス加工されているソーホー、持ち手が竹で作られているバンブー、シンプルなデザインのグッチスウィングまで、女性のどんなシーンにも合わせることができる種類豊富なラインナップとなっています。最近特にバンブーデイリーは、日本でも人気女性タレントが愛用するなど、人気が高まってきているようです。

グッチの財布

グッチの財布は、お札入れとしてはもちろんカードポケット、多目的ポケットなど、とにかく収納が多く整理しやすい機能的な作りです。
縫製がしっかりしているのでとても長持ちするのも魅力。男性・女性ともに根強い人気を得ているのもこのブランドの財布の特徴の一つと言えるでしょう。
ダブルGのロゴが全体に入ったモノグラムの財布、正面中央に大きくダブルGをあしらった存在感のある財布、単一色の財布にさりげなくダブルGがあしらわれた財布などデザインも様々。好みに合う財布選びを楽しめます。

男性・女性・年齢を問わず、世界中で根強く愛されているグッチ。英国仕込みの洗練されたエレガントさが光るアイテムたちに、思わず虜になってしまうことでしょう。

参考http://www.sekaimon.com/contents/lp/women_column/brand/gucci.html

■概要
1921年グッチオ・グッチがイタリア・フィレンツェに旅行鞄などを扱う皮革製品店を創業したことがグッチの始まり。ロゴの「GG」マークは創設者の名前から作られている。デザイナーの名前をブランドロゴとして使用するのは世界初である。伝統を重んじた最高のクオリティにこだわり、「ビットモカシン」や「バンブー」などアイコンとなるヒットアイテムを次々と発表し、ウエアやフレグランスなどのラインも拡大。1990年にはレディースデザイナーとして迎えられたトム・フォードのラグジュアリーかつ現代的なデザインによってブランドは更なる発展を遂げる。フランスを本拠地とするコングロマリット、ケリングの中核を成すブランドとして、商品ラインナップも服から宝飾品、時計、香水までと幅広く展開。現在はフリーダ・ジャンニーニがクリエイティヴ・ディレクターを務め、セクシーさとエレガンスを合わせたテイストでモード界を牽引している。ブランドの元祖とも言われ、品質保証のためにデザイナーの名前を商品に入れるという世界初の取り組みでも知られる。

■歴史
1921年の創業以来、グッチ・グループとしてグループ各社を代表する存在だったが、1990年代に創業家と経営陣のお家騒動によりフランス大手流通のPinault-Printemps-Redoute(PPR)の傘下に。その後2013年の社名変更により、ケリンググループの構成企業の一つとなる。創業者のグッチオ・グッチは1881年、フィレンツェで生まれ、移住先のロンドンでイギリス貴族の洗練された感性に感銘を受ける。1901年に再びフィレンツェに戻り、第一次世界大戦後の混乱が冷めきらない1921年に皮革製品を取り扱う法人として起業。その後、第二次世界大戦の火ぶたが切って落とされると、軍の統制品となった皮革は自由に使うことができなくなり、その代用品としてキャンバス地を採用。色鮮やかなコーティングを施した製品を生み出し、これが人気となる。同時期には代用品として竹素材を使用した「バンブー」はグッチ(GUCCI)のアイコンのひとつである。バンブーバッグは大ブームを起こしヒット商品となる。後にロンドン、パリ、ニューヨーク、ロサンゼルスに出店し展開していく。
1953年、創業者グッチオ・グッチの息子であるアルド・グッチがニューヨークに支店を開設。その後着々とシェアを拡大する中で、創業家と経営側が対立。流血沙汰のお家騒動まで発展し、この一件は映画化にまで話が進んだ。2004年には、フランスを本拠地とする流通会社PPRの傘下となり、グッチ・グループの株式の約1割をLVMHが取得。これが決定打となり、グッチは創業家の手を離れ、経営側の手中となった。一連の騒動を受けて、創業家のアルド・グッチの孫は2008年に、ファッションブランド、TOBEGを設立。創業家の強みを活かした、ブランドの原点回帰をアピールするものの、経営側との分離時に交わした著作権に関する取り決めにより、グッチという名前を押し出せず展開に苦戦している。2017年からウィメンズとメンズのファッションショーを統合することが発表された。

■歴代デザイナー
1989年、ドーン・メローが社長兼クリエイティブ・ディレクターに就任。1990年、トム・フォードがレディスウェアのデザイナーに就任。瞬く間に人気を博し、世界的に知名度を上げる。1960年代半ばには二重に交わるダブルGのロゴを採用しこれがグッチのアイコンとなる。1994年トム・フォードがクリエイティブ・ディレクターを兼務し、グッチは高級ブランドとしての地位を確立させる。1995年のミラノコレクションでは大成功を収め、VOGUE最高国際デザイナーなど数多くの賞を受賞。2004年、トム・フォードが辞任。後任には、レディスウェアのデザイナーにアレッサンドラ・ファキネッティ (Alessandra Facchinetti) が就いた。メンズウェアのデザイナーには、ジョン・レイ (John Ray) が就任した。2005年、レディスウェアのデザイナーにイタリア人であるフリーダ・ジャンニーニ (Frida Giannini) が就任。2006年、ジョン・レイがわずか2年間で辞任。フリーダ・ジャンニーニは、グッチ最高経営責任者であるパトリツィオ・ディ・マルコ(Patrizio di Marco)のパートナーであり、2014年末に両名揃って退任の意向を示した。その後、CEOにマルコ・ビッザーリが就任。トム・フォードの時代にデザインチームに所属しレザーグッズのデザインディレクターを担った人物アレッサンドロ・ミケーレがクリエイティブ・ディレクターに就任し、中世的な要素を据えつつ、トム・フォードが打ち出した鮮烈さとフリーダ・ジャンニーニの生み出したフェミニンさを融合させたルックを発表した。

■日本での活動
1964年には、東京・銀座に日本1号店をオープンし、今ではデパートや路面店と日本全国で展開している。
日本での主要販売代理店はケリングジャパン子会社でグッチジャパンである。
広告などメディアへの事業はケリングジャパンが博報堂グループと契約している。

■創設者グッチオグッチ
ブランドの老舗である。創業者のグッチオ・グッチはイタリアフェレンツェで誕生する。
グッチの上品で洗練されたブランドイメージはロンドンでの高級ホテル「サボイ・ホテル」での勤務時代に培われた経験に基づくものである。
ホテルには、洗練された英国貴族が旅行者として多く訪れ、革製の鞄や宝石、絹製品とエレガントで上質な雰囲気を纏っていた。
この際に、洋服からデザイン、色使い、素材などファッションについて学んでいく。
ホテル退職後は故郷であるフェレンツェに戻り鞄店を創業したことがグッチの始まりである。

■商品ラインナップ
グッチは数々のファッションアイテムを提案し続けている。なかでもバッグは人気の高いアイテムである。1960年に発売されたビットローファーはグッチの鞄のなかでも歴史は深く、馬具の一種で馬の口に含ませる「ハミ」からヒントを得て制作された作品である。
馬具をバッグデザインとして起用するのは、これまでにはない。
男女関係なく使用できるデザインは現在でもグッチのアイコン的アイテムとして人気がある。
モノグラム柄にピンク系の大きな絵柄のフラワープリントが施されたトートバッグ。
「リバーシブルGGブルームス」の裏地にはソリッドレザーを使用。2WAYタイプのトートバッグは利便性にも優れていると人気のアイテム。

グッチのメンズ財布は伝統的なグッチのロゴを基調にしたベーシックなデザインや幾何学模様、美しい絵柄のモデルまで幅広いアイテムが提案されている。
なかでも、グッチの象徴的なロゴマークを基調にした「グッチ シグネチャー レザー ウェブ ジップアラウンドウォレット」はロゴに加え赤ラインの「グッチストライプ」が入りブランドイメージを全面に押し出したアイテムで洗練された高級感のあるデザインが人気。
長財布と2つ折りタイプの2種類から選べる。長財布はジップ付きのアイテムも提案。
また、現デザイナーアレッサンドロ・ミケーレがデザインした逸品「GGブルームス」は美しくカラフルな大きな花の絵柄が特徴の財布。
そして伝統的でベーシックな重厚なデザインが基調の「GGマーモント」はシャープで大人の男性に適したアイテムとして支持されている。

■グッチとユニセフによるグローバル・パートナーシップ
2005年から7年間グッチとユニセフによるグローバル・パートナーシップの一環として継続された「グッチ フォー ユニセフ」キャンペーンと題した取組みを実施。
アフリカ大陸南東部に位置するマラウイやモザンピークなどの子ども達に初等教育を受けさせることがキャンペーンの目的である。2009年より南アフリカに規模を拡大した。
主にHIV/エイズの被害を受けている子どもたちや孤児に向けての支援活動の一環として教育、保健、保護。さらに衛生面では安全な水の提供に役立てられた。2015年からのキャンペーンスタートでグッチからユニセフへの寄付金は900万ドルを超えた。
毎年グッチは世界約200店舗にてホリデーキャンペーンを展開。期間中で販売される限定新作バッグの売り上げの25%をユニセフの「スクール フォー アフリカ」プログラムに寄付される。
グッチのデザイナーフリーダ・ジャンニーニ氏は、このホリデーキャンペーン以外にも年間を通し自身がデザインした限定アイテムを多数制作し支援活動に貢献してきた。
この全ての取組みはグッチにとって歴史上大規模な社会貢献を目的としたパートナーシップとして重要な取組みに位置づけてられている。

グッチはハリウッドセレブを中心に愛されてきたブランドである。
代表的な人物として『ローマの休日』や『ティファニーで朝食を』で主演女優を務めた「オードリー・ヘップバーン」やピンクパンサーシリーズで人気を博した「ピーター・セラーズ」が挙げられる。近年では、キャメロンディアスやニコール・リッチー、デビット・ベッカム夫妻もグッチの愛用者として有名である。
また女優として活躍しモナコ大公レーニエ3世と結婚しモナコ王妃となった「グレース・ケリー」もグッチを愛用するスーパーセレブである。モナコ皇太子であったレーニエ公の結婚式では引出物の物品にグッチのブランドが利用され、このことにより世界的高級ブランドの確固たる地位を確立した。

参考https://www.vogue.co.jp/tag/brand/gucci

LEAVE A COMMENT