ゴヤールとは?

Home » ゴヤール » ゴヤールとは?
ゴヤール コメントはまだありません

加えてユーザーのオーダーによりイニシャルをつけてくるサービスなど、カスタマーのニーズに合わせて特注品を生産することで名高い。

1892年、3つの杉綾を併記しYのイニシャルを形作っている題材を開始。

目下はパリの本店の他に米国、香港、日本など世の中で約15弱のショップを抱え、バーニーズ ニューヨーク、バーグドルフグッドマンなどのハイグレードセレクトお店を中心に取り扱われており、日本では新宿伊勢丹、青山のラブレス、日本橋高島屋で提供されている。

1925年パリの装飾芸術博で名誉賞授与、1931年にはトランクに保管可能なという画期的な旅行用デスクの発明で特許を取得。

ハンドバッグやトートバッグを中心に財布、名刺入れなどのアクセサリーを展開。

1832年、フランソワの父、エドメがパリに移住しパリで最大限のトランクメーカーであるモレル社に就職。

ヘリンボーン(杉綾模様)柄がトレードマーク。

1853年、モレルの死去に伴い、フランソワが企業を引き継ぎ、サントノレ通り233番地に「メゾン・ゴヤール」が誕生する。

創業者のフランソワ・ゴヤール(EdmeGoyard)は1828年フランスのブルゴーニュ地方で生まれる。

1923年、エドモンの息子、ロベールが家業を引き継ぐ。

1860年、フランソワに息子エドモンドが生まれる。

直近ではシニョール居宅によって運営されている。

これをトランクカバーにした。

軽量で上質な「ゴヤール・キャンバス」や手縫いで編み込まれた革バッグが高く評価されている。

★留め具に安らぎのある金を利用し、材質にも譲歩しないた常に重宝する商品です。

ゴヤールの製品は物持ちが良く、軽量で上質のキャンバス地を使用。

1979年、ロベールは死去。

エドモンが父親の後を継ぎ、彼は多くの革新をゴヤールにもたらす。

1900年にパリ万博では銀メダル、1906年ミラノ国際博、1908年ロンドンの英仏博では金メダルを獲得、その後も万博で賞を受賞、ゴヤールは国際的な認知度を上げいく。

その後、息子フランソワ・エドモンがゴヤールを後継した。

ゴヤール住宅はフランス・ニヴェルネ地方で2世紀以上前から経営している水上筏の製作企業を経営していた。

その後、エドモンドはビジネスを拡大モンテカルロ、ニューヨーク、フィラデルフィアにゴヤールブティックを開放させる。

今現在でもゴヤールのトレードマークとなっている。

モレル社の経営者モレルは頭角を現していた企業のフランソワを後継経営者に指名。

エドモンはその後、クリエイティブディレクターとしてゴヤールの進歩に尽力する。

これは樹木を意味合いするシンボルとして描かれ、ゴヤール家屋と人類の成り立ちを表現しているという。

経営権がシニョール家屋に移った場合、ゴヤールは新たにいくつもの色合いバリエーションを公表した。

1845年、フランソワも父に続いてモレル社に就職した。

エドモンは代々伝わる筏作りの技術を活用し、耐久性、耐水性に優れたキャンバス地を製作。

ゴヤールについてゴヤール(GOYARD)はフランスのバッグブランド。

★肩にかけた事例の外見が素敵んです。

ユーザーには英国王室、コナン・ドイル(シャーロックホームズの作家)、ロシア皇帝などが名を連ねる。

1998年、ジャン・ミシェル・シニョールがゴヤールを買収。

ブランドのはじまり1853年、フランソワ・ゴヤールがトランクメーカーのモレル社の後継者となり、その後、名前をメゾン・ゴヤールに改変した事がブランドの始まり。

よくご存じの3つの杉綾によって4色からなるYの文字を形成する題材です。

モレルはとても腕の立つ職人であり、自ら「マルタンの後継者」と名乗り、ゴヤールへのタスキを渡す大切な役目を果たします。

さらにエドモンはフランスのボルドー、ビアリッツ、加えてモナコのモンテカルロ、米国のフィラデルフィアにブティックを開放し、そしてロンドンとニューヨークには提供代理店を出店し、外国進出を果たしました。

この題材は樹木をニュアンスするシンボルとしてゴヤール家屋と人類のストーリーを表現しています。

ゴヤールの軌跡はマルタンから始まったGOYARD(ゴヤール)はフランスを代表するメゾンであり、相当長い成り立ちを持つブランドです。

マルタンは伸びると共にメゾンをサントノレ347番地に移しましたが、この箇所が住所表記こそ変わっているものの、実際も同じ位置でゴヤールとして受け継がれているのです。

モレルの死によって、その後をフランソワ・ゴヤールが受け継ぎ、『メゾン・ゴヤール』が生まれたのです。

イギリス王家紋章とロシア皇帝住宅紋章、その上米国政府の印字の入った記事をも受け取っているのです。

ただ、心残りな事にマルタンには後継ぎがいませんでした。

その最も象徴すべき事としては、直近でもブランドの顔となっている「ゴヤールディン」というモノグラム調のシグネチャーを生み出した事です。

なのでマルタンは本人が煩わしいを見ていたポリーヌの婿として従業員のルイ・アンリ・モレルを迎え、企業を譲るのです。

メゾン・マルタンは旅行用の木箱や梱包用の箱を仕上げるメーカーとしてフランスで生まれたのですが、こうしたモノを入れて運ぶためのカバンというとトランクがあり、フランスのトランクというとルイ・ヴィトンが頭に浮かびます。

けれども、ゴヤールの本当の成功はまだまだ今後だったのです。

なので、シニョールが大好きなゴヤールを買収し、その上ブランドの世の中観を壊さないように価値があるにそのカルチャーを継続・成長していく目指す形的な買収劇だったのです。

モレル社で働いていたエドメ・ゴヤールの息子でその頃17歳だったフランソワ・ゴヤールを弟子にとり、自分の、加えてマルタンの技術をフランソワ・ゴヤールへと継承していったのです。

シニョールに経営権が移った後は、財政基盤はこれまでよりもはるかに安定感が増し、色合いバリエーションなども増加しましたが、上質で軽量なキャンバス地を使用し、充分にとした品質は担保し、クライアントのニーズに合わせたカスタムメイドを行うなど伝統的な知識や職人のモノづくりに対する熱い情熱は変わっていません。

このパリ万博で銅メダルを受賞。

モレルが災難にも突然この世を去ってしまったのです。

このフランソワの息子エドモンがゴヤールに大きな革新をもたらしていくのです。

いつも買収されるというとあまり良いイメージはなく、経営が悪化してブランドを買い取られたような感触を与えてしまいますが、この買収劇はちょっと差異ます。

1885年についにエドモンが父フランソワの跡を継ぎ、ゴヤールの後継者となりました。

シニョールは元来はゴヤールの熱狂的な大ファンであり、その上コレクターでもあったのです。

しかも、1998年ゴヤールはジャン・ミシェル・シニョールによって買収されます。

これ以降も諸々な博覧会に参加し、フランス、ヨーロッパだけではなくグローバルでの認知度、名声を高めていったのです。

新しい船出は友好的買収という最高の形でゴヤールのバッグ(ソース:http://www.goyard.com)1923年にはエドモンの息子であるロベールがゴヤールを引き継ぎます。

★どの季節のグッズにも組み合わせやすいのも秘訣ですまた、続く1906年のミラノ万博博覧会では金賞、1908年にロンドンで開催された仏英博覧会でも近商、1910年のブリュッセル万国博覧会では栄誉賞、1912年にロンドンで開かれたイギリス・ラテン博覧会でもグランプリ、1913年のゲント博覧会では3つのグランプリに輝きました。

1979年にロベールはこの世を去り、その息子のフランソワ・エドモンがゴヤールを継承しました。

数々の栄誉、加えて名声を高めるゴヤールの名声(出典:http://www.goyard.com)エドモン・ゴヤール指揮のもと、世の中の博覧会で素晴らしい功績を残してきました。

伝統は受け継がれ、「メゾン・ゴヤール」が始まるメゾン・ゴヤール(引用:http://www.goyard.com)1852年、その時は突然到来ました。

他にも、メゾン・マルタンはその頃の上流階級の中でももうに名高いになり、ついにはベリー公爵夫人マリ―・カロリーヌ・ド・ブルボン・シシル妃殿下御用達という栄誉まで与えられえるほどに進化しました。

こうしたラグジュアリーブランドでは絶対と言っていいほど深い関連にある王侯貴族との係りです。

ピエール・フランソワ・マルタンが創業した「メゾン・マルタン」が現在のゴヤールの発祥でした。

その道のりはメゾン・ゴヤールが生まれるさらに前から始まっていたのです。

ブランドのシグネチャー「ゴヤールディン」の誕生ゴヤールディン(引用:http://www.goyard.com)エドモンは今のゴヤールというブランドに反対に多大なる影響を与えた人物です。

シニョールによる買収後も彼の息子であるアレックス、レミ、ピエールによってエドモンの意思を忠実に受け継いでおり、トランクやバッグ、他にもスペシャルオーダー品はアレックスが担当、イニシャルのマーカーなどのカスタムオーダーはレミが担当、しかもゴヤールディンキャンパスの技術はピエールが担当しました。

★取っ手持ちでも、肩持ちでも双方で役に立つ意匠です。

メゾン・ゴヤールはハイグレードトランクメーカーとしてその後30年ほどの間で大躍進を遂げていきます。

けれども、メゾン・マルタンはルイ・ヴィトンの創業よりも100年近くも前の事なのです。

このその頃ではメゾンにとってかなり画期的な試みであった1900年のパリ万国博覧会への出展。

また功績は賞を受賞するというだけでは終わりませんでした。

このご時世にすでに衣類やモノを素敵ボックスにいれて運ぶという腹積もりがあったというのが感銘ですが、ゴヤールというのはこうした軌跡的背景から生まれたブランドなのです。

フランソワがメゾン・ゴヤールとしてモレルの後を引き継いだ後、1860年に息子エドモンが生まれます。

このリネン、コットン、ヘンプからなる、ウォータープルーフのキャンバス地はトランクのキャンバス地として使用され、耐久性と耐水性に優れた材質としてトランクの品質を大幅に向上させました。

1931年にはトランクに保管可能なという画期的な旅行用デスクを発明し、特許も取得しています。

それストーリーの始まりは驚いたことに1792年まで遡ることになります。

パリの本店以外にも米国、香港、日本などワールドワイドに15ほどの直営お店を構え、バーニーズニューヨーク、バーグドルフグッドマンなどのリッチセレクト店舗を中心に取り扱いがされています。

エドモンもクリエイティブ・ディレクターとしてブランドに残り、ブランドの発展に尽力しました。

LEAVE A COMMENT