セリーヌとは?

Home » セリーヌ » セリーヌとは?
セリーヌ コメントはまだありません

■概要
1945年に女性実業家セリーヌ・ヴィピアナが夫リチャードとともにパリに設立したファッションブランド。もとは、自分達の子どものためにパリの靴職人の技術を生かした皮革のオーダーメイド高級子供靴専門店としてスタートした。店の名前はデザインを担当した妻の「セリーヌ」を取って名付けられ、皮職人の技術を用い、丁寧に製造された靴は上流階級を中心にたちまち広まり、子どもたちの成長に伴って顧客が増加。この革靴はデザイン的な素晴らしさがあるだけではなく、医学的観点からも計算されている安全性の高い靴であり、最高級の皮革を使って一流の革職人が作り上げられているこだわりがあった。このこだわりに子どもたちの親である婦人達も注目し、その要望に応えるように1959年から婦人靴の分野にも進出することとなった。この成功を受けて1960年代以降、女性向けの服、バッグ、アクセサリーなどにも進出し、1967年からプレタポルテコレクションを開始した。上品かつ美しい、落ち着いた、女性らしさを追求した無駄のないデザインで、世界中に多くのファンを持つ。

■歴史
当時パリでもてはやされた上流階級のフレンチカジュアルであるB.C.B.Gは「ベーセーベージェ=Bon Chic Bon Genre」の略で、「フランス上流階級と品の良い暮らし」という意味を持つ 。セリーヌが婦人靴を作り始めてまず人気になったのが、馬具である轡(くつわ)型の金具のついた婦人用モカシン「インカ」だった。 このヒットを機に、バッグなどのレザーグッズの展開が始まり、スカーフや香水なども取り扱われるようになった。1965年に香水とスカーフ、1966年にハンドバッグの販売をスタート。60年後半に馬車の柄とバックルをあしらったサルキーバッグが人気商品になった。1967年よりプレタポルテコレクションを展開。着回しの効く、ベーシックなデザインを基本に、上質な素材、子供靴で事業を開始したときから受け継がれる精密な技術を武器にした、トータルファッションを扱うブランドとして名が知られるように。時代背景的にもオートクチュール中心の時代から、プレタポルテがヨーロッパのモード界を牽引する時代に変化してきた。 この流れを受けて、セリーヌは時代とともにB.C.B.Gの代名詞的な存在になった。 ただ、上品で上質なデザインを続けてきたセリーヌの前途に暗雲が立ちこめるようになる。上流階級を主なターゲットにしてきたマーケティングは、時代の流れとともに、業績が下がりブランドの勢いは鈍化。一旦はその行く末が危ぶまれたセリーヌだが、1987年にLVMHを買収する前のベルナール・アルノーが率いるフィナンシエ-ル・アガッシュ社という企業グループに買収され、その傘下に入った。当時30代だった女性新社長ナン・ルジェが抜擢されてセリーヌの再建に尽力し、大企業型の経営、組織改革により徐々に力を取り戻した。1996年LVMHグループへと移管したセリーヌは、ニューヨークで活躍をしていたデザイナーのマイケル・コースをチーフデザイナーとして招き入れた。チーフデザイナーのマイケル・コースによりもたらされたスポーティスタイルが好評を得て、新生セリーヌは見事に息を吹き返した。マイケル・コースの起用はセリーヌにとって大きな節目になり、就任から数年間で売上を倍増させたと言われている。2005年よりバーバリーの「プローサム」ラインのデザインを担当した経験のある、ロベルト・メニケッティがアーティスティックディレクターを務める。2006年春夏からは、クロアチア出身のイヴァナ・オマジックがアートディレクターに就任。2008年にクロエで活躍したフィービー・ファイロがクリエイティブ・ディレクター兼取締役に就任した。フィービー・ファイロは10年ほどクロエのクリエイティブ・ディレクターをつとめ、名作エディターズバッグ「パディントン」をデザインした功績を持つ。2010年にファイロがブリティッシュ・デザイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、その功績を高く評価される。70年代のヴィンテージトラベルバッグからインスピレーションを受けて作られたアイコンバッグ「ラゲージ」がヒットとなり、2014年には新素材が登場した。「ラゲージ」は世界中のファッショニスタに愛用され人気に火が付き、現在でもセリーヌを代表するバッグとして知られている。2015年春夏には広告キャンペーンをユルゲン・テラーが手がけ、作家のジョーン・ディディオンやバレエダンサーのマリ=アニエス・ジローを撮影した。2015年半ばにはフィービー・ファイロの退任の噂が流れたが、翌2016年2月に「あくまでも噂であり、事実ではない」として、続投が報じられた。業界内で仕事と家庭を両立させるデザイナーとして知られるフィービー・ファイロ。2006年1月、生まれたばかりの娘とゆっくり過ごす時間が欲しいとして、「クロエ」のクリエイティブ・ディレクターを辞任した後に2008年10月よりセリーヌのクリエイティブ・ディレクターに就任している。そのキャリアについては女性のロールモデルとしても注目度が高い。 1996年、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインを卒業後、交流のあったステラ・マッカートニーのアシスタントからキャリアをスタートさせ、ほとんど無名の存在だったフィービー・ファイロ。確実に力を付けながらキャリアアップしてきた経験とフィービーの感性で、今後もその手腕に期待が寄せられる。セリーヌは、フィービーの功績によってかつての勢いを取り戻したというより、新生セリーヌとなり過去と決別し、より高みに登っていった。現在は夫と子供3人と一緒にロンドンを拠点に活動を続けている。

■商品ラインナップ
バッグ、シューズ、時計、スポーツ、アイウェアのブランドとして世間から高く評価されている。商品は百貨店やショッピングモール、アウトレットモール、セレクトショップ、路面店等で販売されている。主なアイテムには、トップス、アウター、ドレス、ワンピース、ボトムス、スポーツ、インナー、タイピン、トートバッグ、チャームなどがある。セリーヌはネクタイやカフス、ハンカチなどのアイテム以外のメンズの商品を作っておらず、商品ラインナップはキッズとレディースのアイテムに特化している。特にバッグ類はすべて女性用で、メンズ用のバッグは制作されていない。それはセリーヌが「女性らしくも自立しておりアクティブな女性像」をコンセプトとしているためである。特にバッグで人気が高いのは、第2のバーキンとも呼ばれている「ラゲージ」で、セレブリティの間で人気を博している。海外セレブや有名モデルに人気があるのは、「ホリゾンタルカバ」。シンプルかつ使いやすいトートバッグである。財布で人気があるのは、「バイカラー」で、ラウンドファスナーでシンプルな形の長財布。その名の通り、2色の色がボーダーで使われており、多くの有名人に愛用されている。セリーヌがこの財布を発売してから他のブランドでもこのタイプの財布が製品化されている。

■デザイナー
ブランドのデザインはセリーヌ・ヴィピアナ自身が手掛けている。過去には、マイケル・コース、ロベルト・メニケッティ、イヴァナ・オマジックなどもデザインを手掛けてきた。マイケル・コースは、1997年にセリーヌで初の婦人服デザイナー、クリエイティブディレクターに就任し、2003年まで在任した。その期間にセリーヌを世界的名門ブランドに引き上げた功績を持つ。2002年に自身の名を冠したブランドであるメニケッティを設立したロベルト・メニケッティは2005年から2006年まで、セリーヌのアーティスティック・ディレクターを務めた。クロアチア出身のファッションデザイナーであるイヴァナ・オマジックは、2006年にセリーヌのアーティスティック・ディレクターに就任し、2008年まで務めた。2008年には、クリエイティブディレクターとして、2001年から2006年までクロエのチーフデザイナーを務めたフィービー・ファィロを起用。フィービーは2018年秋冬シーズンを最後に退任し、2019年春夏より、エディ・スリマンが新たに就任。

■日本での展開
セリーヌ・ジャパン本社事務所は東京都港区南青山にあり、2014年にリニューアルオープンした表参道店が販売やプロモーションの主軸となっている。2014年4月末にオープンしたパリのモンテーニュ店と同じコンセプトで作り上げられた空間でセリーヌの世界を肌で感じることができる。このほか、ドーバー ストリート マーケット ギンザ、銀座三越、代官山ハウントなど、大手百貨店やセレクトショップで多くの商品が取り扱われている。日本では、バッグや財布、靴などの小物が知られており、シャネルやバレンシアガなどと並び、国内外の芸能人の私服スナップ記事で度々目にするブランドとして知られている。2010年における日本国内でのファッションブランド人気度ランキングでは、衣料品部門が17位。バッグ部門が9位だが、特に40代・50代の人気が高く、8位になっている。1984年にはブリヂストンがセリーヌの許可を得て、セリーヌブランドの自転車を限定製造した。中でも、ハンドルなどが金メッキとなっている最上位モデル「シルエットセリーヌ SECL-27」は30台の限定製造で、30万円で販売された。この自転車はドラマ「古畑任三郎」において、主役の田村正和が乗ったため、話題になった。

参考https://www.vogue.co.jp/tag/brand/celine

LEAVE A COMMENT