フェンディとは?

Home » フェンディ » フェンディとは?
フェンディ コメントはまだありません

勢いをますフェンディ『多角的な製品展開』フェンディバゲット(BAGUETTE)(ソース:http://www.fendi.com/)1970年代以降、フェンディはアイテムラインナップを拡充していきます。

バゲットもシルヴィアのデザインによるもので、バゲットは公表最初から大当たりし、直近でも続くロングセラーとなっています。

カールがいなければ、実際ごろはフェンディのあの著名なズッカはなかったかもしれませんね。

1969年からは毛皮のプレタポルテを発表しますが、カールのもうひとつの大きな功績はこの時期にあります。

こうした厄介なブランド運営なので、皆様がよく知るブランドも経営的に手に負えなくなったブランドが多くあります。

グジュアリーアイテムとしての毛皮(ファー)を生み出すフェンディファーコレクション(引用:http://www.fendi.com/)フェンディというと毛皮(ファー)という印象が強い方も多々あるはず。

日本でも2001年にLVMHとアオイによってフェンディ・ジャパンが設立され、2003年には表参道店も開放するなどLVMHの買収によって日本人からするとフェンディは自分の手の届く範囲な影響になったのかもしれません。

また、1997年にはついに「バゲット」の登場です。

フェンディも帰するところフェンディ夫婦、エドアルドとアデーレによって創業されています。

現在のフェンディはフレッシュな世代からアダルトの女子までいろいろな年代に好評がある総合ブランドとしての地位を確立しており、直近で進行中で発展しているブランドとなっています。

それもそのはず、フェンディの軌跡はファーの道のりと言ってもいいくらいファーとフェンディは切っても切れないほどの縁があるのです。

ブランドの転機は堂々不敵な人選にありカール・ラガーフェルドのコレクション(出典:http://www.fendi.com/)フェンディ家の娘達も経営に携わり、創業以来順調に成長してきたフェンディですが、1965年に堂々な挑戦に打って出ます。

彼の手掛けるスケッチをインスピレーションの源泉として、パリのオートクチュールを支持する伝統工房がハンドメイドによってその姿を現実に再現しています。

熟練の毛皮職人とクラフトマンシップによるスペシャルなファーをオリジナリティ溢れるセンスで意匠に落とし込み、革命を起こし続けてきたのです。

フェンディの顔ともいえる「ダブルFのズッカ柄」。

1965年にその頃まだ27歳だったカール・ラガーフェルドを主任デザイナーとして迎え入れます。

狩猟以外に収入源がない地方の人たちの収入源を毛皮に反対する人たちは支援する事が可能なのかとも考えており、やみくもに動物を殺す事はよくないが、それを暮らしの糧にしている人たちの事も思案するべきだという事です。

フェンディは創業から考えると100年近くファーを作り続けてきました。

ファーの革命も帰するところこの人かカール・ラガーフェルドの生み出したファー(関連:http://www.fendi.com/)フェンディにとって、加えてファーにとっての革命を起こしたのは結局カール・ラガーフェルドなのでしょう。

皆様もよくご存知のこれぞフェンディというあの柄です。

ラグジュアリーブランドの経営というのは、想像以上に大変なのです。

毛皮についてカールは以下の様に語っています。

「毛皮は裕福な人たちだけが着るものだ。

このように毛皮から始まったブランドは、素晴らしいデザイナーを迎え入れ、他にも世代が替わってもうまく革新を続けながらその輝かしいストーリーを刻んできました。

カールがフェンディのデザイナーに就任してまもなくフェンディの伝統的なファーに新しい試みを開始します。

パリのオートクチュール・トレンド・ウィークにデビューした後に、驚いたことに日本上陸50周年を記念してフランス以外ではただひとつ日本で披露されたのです。

直線的なラインやシャープなラインが際立つ幾何学模様でウェーブを描きながら、ファーだけではなく脚元を彩るサイハイブーツやアンクルブーツなどの古典的なファーの引き寄せられるを近未来のワールドワイド観に引きこむような前衛的な意匠がもち味的です。

カールによってフェンディのトラディショナルな毛皮の心象を刷新するような新しい意匠が次々と生み出されていきます。

創業が1925年なので、そのストーリーはすでに90年を超えています。

あのグッチやプラダも経営難に陥った事がありますし、シャネルやディオールなども同じくです。

ここでも帰するところカール・ラガーフェルドの影響が光っています。

LVMHの協力なネットワークによって流通網が大幅に強化され、直営店が全世の中で4ストアだったのが80ショップ以上に拡大したのです。

創業者であるフェンディ家族の目の付け所も良かったと考えますが、とどのつまりここまでファーを現代的なラグジュアリーアイテムに昇華させたのはカール・ラガーフェルドの手腕が大きいですね。

この抜擢は大成功を収めます。

現在でこそ「モードの帝王」と呼ばれ、ココ・シャネル亡き後のCHANEL(シャネル)を復活させ、自分の名前を関したブランドも展開する意匠界のトップカール・ラガーフェルドですが、この時はまだまだ駆け出しのステータスです。

オートクチュールのピエール・バルマンやジャン・パトゥ、直近ではクロエ(Chloe)のデザイナーであったとはいえ、それほど著名ではありませんでした。

ただし、カール・ラガーフェルドの実力を見抜いていたのでしょう。

この毛皮のコートがスマッシュヒットして、イタリア女性のステータスとして定着しました。

フェンディの最高のクリエイティビティとクラフトマンシップの融合であるファーをメインにした「オートフリュールシルバームーン」です。

フェンディによってファーは女子らしさの象徴として、他にも優雅さとワイルドさを併せもつ今風でグラマラスな商品として現代に定着する事になったのです。

この頃にはフェンディ家屋の3代目世代が経営に携わるようになっており、レディースはカール・ラガーフェルドですが、メンズラインはシルヴィア・べントゥリーニ・フェンディが意匠しています。

」ここにはカールの独自の哲学があり、毛皮を買うために理不尽をして買うくらいなら放棄した方がよいと腹積もりています。

カール・ラガーフェルドの毛皮観毛皮だけではないのですが、皮革製品というのは昔から諸々な考えがあります。

オートフリュールコレクションフェンディ2015年オートフリュールコレクション(ソース:http://www.fendi.com/)オートクチュールコレクションが2015年に初めて行われました。

山田優は、真っ赤なミニドレスにブラウンのファーブーツ、中村アンはベアトップの全身ファードレスなど真夏でも着こなせるファートレンドの秘訣を語っています。

イタリアの老舗ブランド「FENDI(フェンディ)」古典的なメタル板(引用:http://www.fendi.com/)イタリアを代表する老舗ブランドのフェンディ(FENDI)。そもそもフェンディの創業は毛皮と革皮製品の工房から始まっています。

これはカールがプレタポルテのスタートに当てはめて、これまでコートやバッグの裏地に使われていた「ダブルF」を表地の意匠に使用する事を教授したことから生み出されたのです。

★肩にかけたケースのルックスが可愛いんです。

1977年に毛皮、革製品以外にもジャケットやコートなどの多様なグッズが加わり、本格的にプレタポルテが始動し、1985年にはフェンディ初の香水の販売を開始、1887年には毛皮とスポーツウェアのラインとして「フェンディッシメ」を幕開けさせます。

カールは、ファー(FUR)という言語にファン(FUN)という言い回しを添えて、毛皮という方面においてフェンディの圧倒的な優位性と独自性を築き上げ、ファーといえばフェンディという典型例影響にまで仕立てあげたのです。

こうした事から考えてもフェンディの心象が毛皮というのは至極もちろんの事だと考えます。

そうしたフェンディの成り立ち的なイベントを垣間見ながら創業からの成り立ちを振り返ってみましょう。

かといって安売りすれば、それこそブランド自体の美点が下がってしまうのです。

実を言えば毛皮というのは、創業最初から取り扱っていたもので、米国のハリウッドで流行っていた毛皮の襟巻きにインスピレーションをえて毛皮のコートの提供を開始したことが今現在のファーといえば「FENDI」のスタートだったのです。

1889年にはメンズ香水の「フェンディ・ウオモ」、なお衣類とアクセサリーなどにも拡大し、フェンディ・ウオモコレクションとしてトータルメンズファッションとして展開されていきます。

ただ動物が殺させる事については好きではないが、ファーのために動物洋食をしている農村の人たちがいて、それが肝心な収入源である事を触れています。

今まで毛皮に使われてこなかったエナメルやステッチなどの加工を施し、今までにない革新的な毛皮を発表していったのです。

イタリアというとグッチ(GUCCI)やプラダ(PRADA)など他にも成り立ちあるブランドはありますが、かれこれこれらのブランドと時を同じくして創業したブランドなのです。

結局フェンディといえば「ファー」。

夏場でも着れるファーコーデ(引用:http://www.fendi.com/)日本で開催されたので即日は日本人の女優やモデルも数多に会場を訪れていました。

日本で例えればブランド名が「鈴木」や「佐藤」みたいなものでしょうか?母国の人は不自然さがないのかけっこう不思議に思っています。

それは動物保護の観点で問題提起される事が多々あるのです。

ちなみに日本への進出は1972年にフェラガモやブルガリなどの進出も手がけたアオイによって展開が開始されました。

フェンディの始動は毛皮からフェンディの5人の娘達(引用:http://www.fendi.com/)現存するラグジュアリー・ブランドの名前というのは大抵が創業者の名前を取ったものです。

そもそもは皮革製品と毛皮の小さな工房からの開始でした。

創業から20年経った1946年にフェンディ家屋の5人の娘パオラ、アンナ、フランカ、カーラ、アルダも店の運営に関わりだし、各々が見事なセンスと手腕を発揮し、フェンディはレベルアップ路線に乗っていきます。

真夏に開催されたコレクションだけあって榮倉奈々、中村アン、河北麻衣子、山田優らファーを使った真夏らしいトレンドを披露。

フェンディというとファーの心象が強いフィーリングいですが、そのファーはどんな感じでして生まれたのか?なお新作がどんどん登場する大注目の「バゲット」などもその実けっこう古くからあるモデルなのです。

ブランドを維持するには品質を落とす事は出来ませんし、安易なライセンス提供は自らの首を締める事にもつながります。

現在までは使われなかった技法として、大胆なステッチ利用しやエナメル加工、織り込みなどを駆使し、都会的で性能的な新鮮なファーコーデを築き上げたのです。

カール・ラガーフェルドのもつ類まれなるセンスとフェンディのもつ確かな技術が見事に組み合わせし、ユニークなラグジュアリーブランドとしての地位を確立していきました。

ブランド創業の柱として革新を続けていき、オートクチュールにまで向上してしまいました。

ただ、フェンディにとってはこの買収は良い方向に向いたととられてもいいでしょう。

縫いにフェザー、ファンタジーバード、ファーなど全部が予想を超える新鮮な意匠とクオリティで初のオートクチュールとは思えない素晴らしいコレクションでした。

また、はじめにフェンディが著名になったのは、毛皮のコートからなのです。

2001年にはプラダ本人が経営難に陥って、フェンディ株を全部LVMHに売り渡ししたので、フェンディはLVMHグループ傘下に入り、今現在でもLVMHの中の一ブランドとなっています。

ラグジュアリーブランドの経営は厄介なフェンディ銀座店(関連:http://www.fendi.com/)何もかもが順調と思っていたフェンディですが、そう総てがうまくいくとは限りません。

2000年前後というのは、ちょうどグッチグループも勢力を伸ばしていたりとブランド・コングロマリットの再編成の真っ只中なのでフェンディもこの流れに飲み込まれてしまったという事です。

1999年にLVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)とプラダ・グループによって買収されてしまいます。

LEAVE A COMMENT