ロエベとは?

Home » ロエベ » ロエベとは?
ロエベ コメントはまだありません

大きな成功を収めたのは1905年のこと。

このグラン・ビア店を手がけたのが、建築居宅のフランシスコ・フェレ・プロトロメで、ロエベのラグジュアリーで洗練されたイメージ構築に大きな役割を果たしました。

アナグラムは、現在でもブランドを象徴するアイコンとしての広く認知されている4つの“L”を取り合わせた意匠。

その上、まだ24歳だった2008年にTopman(トップマン)が主催する若手メンズウェア・デザイナーのバックアップ・プロジェクト、「MAN」の支援のもと自分のメンズウェアブランド「J.W.アンダーソン」を立ち上げキャリアを幕開け。

驚いたことにクリスチャン・ディオールやシャルル・ジョルダン、クロエ、ロジェ・ヴィヴィエといった実際でもハイブランドとして一線で活躍する一流ブランドがロエベの店舗に並んでいたというから感銘です。

その頃のお優れている様でスペインを代表するセレブリティであったコンキスタ公爵夫人によってスペイン王室に解説され、独創的で高い品質を誇るロエベ製品が気に入られ、アルフォンソ13世から王室御用達の称号を授かります。

ロエベは生まれ変わりました。

なお、今までロエベはお店意匠の革新性には定評がありましたが、ジョナサンもお店デザインには相当こだわりが強く、「カサロエベ表参道」は、新ストアコンセプトを採りいれた世の中初のストアで店内と外との仕切りはガラス1枚のみで、今までロエベの象徴ともなっていた素晴らしいウインドウディスプレイも影響しないのです。

ひとつは1846年にスペインの皮革職人が数人でマドリードに立ち上げた革アイテムを取り扱う工房を立ち上げた事。

1959年には、スペインで最も権威のある建築家屋であったハビエル・カルハバルが意匠した900?のブティックをマドリードのセラーノ通りに開放しました。

理由を言えばインスピレーションは普段的に影響し、普段の暮らし、旅先で感じる事、触れた事。

この買収によってロエベはLVMHグループの豊富な財源と資源を有効応用する事で、さらなる飛躍を遂げていく事になるからです。

一例を挙げれば、イギリス人のテキスタイルデザイナー、ジョン・アレンとコラボではジョン・アレンの手がけたカーペットを基点として「フォーリングリーブス」、「コーニッシュハーバー」、「カンブリアのピンクハウス」の意匠をセレクトし、トートバッグやダッフルバッグ、スカーフやタオルなどを展開しました。

そこから1939年には半円形のショーウィンドウが抜群のインパクトとなったグラン・ビア店を開放します。

ジョナサン流のアプローチでロエベは如何に変わったか?アニマル ジョナサンはクラフトマンシップをとても重んじるデザイナーです。

2000年前後というのは、ラグジュアリーブランド業界で大きな変革が起こっていたご時世であり、ロエベもその波に飲み込まれたブランドのひとつです。

彼は芸術や生活様式全般に多大な関心を持ち、それらをうまくブランドとコラボレートしています。

今現在でもロエベ=アマソナという方程式が成り立つほど、ブランドのアイコンバッグとして、その上お決まりとして多彩なバリエーションが公表されています。

ただ、俳優をやる傍らでステージ衣装に興味を持った事から、名門ロンドン・カレッジ・オブ・トレンドを卒業しました。

手始めは1965年のプレタポルテビジネスの幕開けです。

ひとつは1970年に公表された「アナグラム」。

世の中へ羽ばたくため、アイコンの確立アマソナ(出典:http://www.loewe.com/)スペインで圧倒的な地位を築いたロエベですが、1960年代に入り、ついにワールドワイドへの進出が始まります。

創業その頃からロエベの意匠はご時世から一歩進んだ先進的なものであり、その独自に現代的な要素を添加するアプローチをとっています。

ひらかれた店構えは日本建築の影響も受けており、レザーボウルコレクションのインスピレーションともなった陶芸作品が店内にディスプレイされたのです。

この時代のロエベは最リッチブランドとしてヨーロッパ全土にまでその名を轟かせ、各国のセレブがロエベのお店を到来ており、ラグジュアリーブランドとは切っても切れない縁のあるモナコ公国妃グレース・ケリーもカスタマーリストに名を連ねていたほどです。

加えて、2008年からはジバンシィ、ルイ・ヴィトン、マルベリーで活躍したスチュアート・ヴィヴァースが意匠・ディレクターに就任します。

メゾンのクリエイティブ・ディレクターというと入れ替わりが激しく、結果が出ないともうにクビになってしまうパーフェクト実力主義のワールドワイドです。

まさしくハイブランドのセレクトショップのような立ち位置となっていました。

古くではシャネルやフェンディで名を馳せた皇帝カール・ラガーフェルド、グッチを復活させたトム・フォード、ルイ・ヴィトンのマーク・ジェイコブスなどデザイナーの実力がそのブランドの命運を左右するくらいかなり大切なのです。

こうしたアイコンの確立によってロエベは世の中的な大注目ブランドとして飛躍していくのです。

自社工場も建設し、ロエベブランドの製品は高い品質とオリジナリティによってスペイン国内で絶大な大注目を誇るブランドとなっていましたが、実はロエベのストアではロエベ以外のブランドも取り扱っていたのです。

このストアは内装業界では先頭を走っていましたが、まだまだスペインでは馴染みのなかった北欧コーデを取り入れ、目新しいなショップ建築の先駆者としての名声を得て、アバンギャルドなブランドとしてロエベの評価をその上高める結果となりました。

LVMHグループへ、しかもよりコンテンポラリーへ2016SSランウェイ(出典:http://www.loewe.com/)LOEWE(ロエベ)にとって大きな転機となったのは1996年。

若干29歳でロエベを率いる若き才能「ジョナサン・アンダーソン」2013年よりロエベのクリエイティブ・ディレクターに就任したジョナサン・アンダーソン。

ロエベに限定しず、実力のあるデザイナーは各ブランドで引きぬき合戦が行われており、近頃ではヴェトモンを立ち上げ、バレンシアガのアーティスティックデザイナーに就任したデムナ・ヴァザリア、サンローランを2016年に辞任したエディ・スリマン、ルイ・ヴィトンのニコラ・ゲスキエール、クロエ、セリーヌで活躍のフィービー・ファイロなどが名高いです。

しかも、もうひとつは1872年にドイツ職人のエンリケ・ロエベ・ロスバーグがこのスペインの工房を到来た後にその製品の雄大さに感動し、自分の名前を冠したハウスを立ち上げ、パートナーとしてともに働くようになった事です。

1945年以降は、ホセ・ペレス・デ・ロサスがショーウィンドウの設計に携わり、華麗で豪華な魅了するショーウィンドウがトピックとなりました。

なお、これまで鳴かず飛ばずだったプレタポルテに新鋭デザイナーを起用する事で改革が図れた事です。

彼は若干29歳という若さでロエベという超一流メゾンのトップデザイナーに就任した今現在「もっとも才能のある」デザイナーとして望みされる若手のホープです。

お店意匠の先駆者として名声を高めるロエベグラン・ビア店 ロエベの歩みを語る上では、ストア意匠も放っておけません。

何が起こったかというとLVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)に買収されました。

これによってLOEWE(ロエベ)はスペインブランドの最高峰となり、大きな飛躍を遂げていくのです。

LVMHは目下ワールドワイドマックスのブランドコングロマリットで、1985年にはルイ・ヴィトンと提携をして、ロエベのショップでルイ・ヴィトン製品を提供するなど縁があったのですが、デフォルト吸収されてしまったのです。

要するに1846年にスペインのマドリードで数人の職人が集まって立ち上げた工房のご時世に回帰するという事なのです。

スペインの画家ヴィンセント・ヴェラによって生み出されたこのアイコンはロエベの最リッチ皮革のくおリエティマークとして印字されています。

他にももうひとつは、1975年に公表された「AMAZONAアマソナ」。

なお自分のブランドであるJ.W.アンダーソンも世界一のブランドコングロマリットであるLVMHグループ入りを果たしています。

なのでひとつのテーマに着目して意匠するというよりも、多彩なインスピレーションを活用して意匠のは場を広げているのです。

スペインではアイテムを陳列するタイプのストアは滅多に大きなトピックを呼び、すべての製品に「LeatherGoodsFactory(レザーグッズファクトリー)」というエンブレムが印字され、実際ではアマソナを筆頭にロエベの顔となっているハンドバッグの製作もスタートしました。

日本の伝統文化にまで視野を広げるジョナサンは世の中の全ての芸術を視野に捉えているのでしょう。

他にも多分やの技術を応用してレザーの確率を広げたり、解釈し直すという取り組みを行っており、「ボウルズプロジェクト」といったこれまで皮革が使われることがなかったフィールドへの適応で新しいレザーの確率を探るプロジェクトも行っています。

スペインでは珍しかったストア併設型の工房を立ち上げたのが、創業初期の1892年。

スペイン最高峰のブランドLOEWE(ロエベ)誕生物語ロエベ1846 ロエベのブランドの始まりとしては、2つの着目点があります。

ロエベが世の中的に認知される大きなきっかけとなったのは、1970年代に公表された2つのアイコン。

ロエベの普通持つ強みである上質な材質、ジョナサンのもつクリエーションが融合した現在までにない近未来的なコレクションです。

そのような必須な立ち位置に就いたジョナサン・アンダーソンとは如何にいった人物なのでしょうか?ジョナサン・アンダーソンとは?ジョナサン・アンダーソン(ソース:http://www.loewe.com/)1984年に北アイルランドで生まれたジョナサンは、本当はデザイナーになる前に俳優だったのです。

ロエベの成り立ちの上では、1846年が始動となりますが、実のところにLOEWE(ロエベ)ブランドとしての立ち上げは、1872年と言ったほうがよいかもしれません。

エンリケが工房に参加して財源を潤沢に準備可能なようになったことからマドリードの貴族の間で口コミになり、1892年にはプリンシペ通りにお店併設型の工房である「E.ロエベ・ブティック」を開設しました。

その総てがインスピレーションの源泉であり、トレンドはただそれを映す鏡にすぎないからです。

もうにレディースラインも立ち上げ、的確なカッティング技術、伝統とシックを統合させたコーデ、男女間で共有可能な意匠へのアプローチなどで、瞬く間にトレンド界の注意の的となったのです。

ロエベを全ての方向へ導いています。

今後もジョナサン・アンダーソンの活躍からは目が離せません。

ジョナサン・アンダーソンのご時世がロエベの黄金ご時世だったと言われる日がくるかもしれませんね。

彼が就任して、最初にはじめに腹積もりた事はロエベを独自(原点)に戻すという事。

デザイナーによってブランドは変化します。

いろいろな視野と才能をいかんなく発揮ボウルズプロジェクト(ソース:http://www.loewe.com/)ジョナサンはただプレタポルテを革アイテムを意匠するだけのデザイナーではないのです。

プレタポルテの幕開けにあたり、カール・ラガーフェルドやラウラ・ビアジョッティ、ジョルジオ・アルマーニといった錚々たるデザイナー陣を迎え入れたとされていますが、実を言えばロエベのプレタポルテビジネスが本格化するのは20世紀以降なのでこうした顔ぶれの作品に関する記録は全く残っていないというのが実情です。

現代のセレクト店舗的な立ち位置だったロエベロエベストア室内装飾 王室御用達という後ろ盾を得たロエベは国内で瞬く間にビジネス拡大に舵をきっていきますバルセロナに2号店を開放したのを皮切りにスペインの主要都市に続々とストアを展開していきました。

時季テーマも設けない。

ただ、この買収は何も悪い事ではないのです。

LVMHグループに入った事で、今まで上流階級のみのブランドだったロエベが中流階級にまで裾野を広げられた事。

何がすごいかというといつもは、幾つかのブランドで下積みをして、中堅ブランドのクリエイティブ・ディレクターを経験してビッグメゾンといったステップを踏むのを、いきなり独自ブランドをヒットさせ、ロエベという世の中有数のブランドのトップに立ってしまったのですから、その望みというのは計り知れません。

ジョナサンは、これまでのブランドロゴを刷新し、新生ロエベをスタートさせたのです。

かなり後になりますが、1985年には世界一のラグジュアリーブランドの名をくれままにしているルイ・ヴィトンの提供権も取得しているのです。

2013年以降は、本人のJ.W.ANDERSONを立ち上げ、現在最も脂ののっていると言われるデザイナージョナサン・アンダーソンがクリエイティブ・ディレクターに就任した事でブランドの活性化を図ります。

伝統にそれに対し、小粋なイノベーションをブレンドさせる事で新しいコーデを生み出しています。

1998年からナルシソ・ロドリゲス、2002年からホセ・エンリケ・オナ・セルファがデザイナーに就任し、プレタポルテの売上も上昇していきます。

LEAVE A COMMENT